自分を伝えること

昨年の11月に
大好きなおばあちゃんが亡くなりました。
私が知らない間に
お通夜もお葬式も終わってしまってました。

おばあちゃんは
ずーっと生きていて
いつでも会いに行けるって
タカをくくってました。
そのおばあちゃんが
ある日突然いなくなって
急に私は怖くなりました。

私は
生きていることを
粗末にしてなかっただろうか

のんが
彼が
父が
母が
きょうだいが
友達が
同僚が
お花屋のだいちゃんが
私の周りの全ての人が

今生きていること
出会えたこと
会おうと思えばいつでも会えるということを

当たり前だと思って
粗末にしていなかっただろうか

だから私は
「ありがとう」を
「ごめんなさい」を
「大好き」を
「悲しいよ」を
「コラー!」を
ちゃんと伝えなきゃと
思いました。

今伝えられなかったら
できるだけ早く
口で言えなかったら
手紙にして
言葉が理解できないなら
他の手段を一生懸命考えて

絶対に伝えよう

私は今まで逃げてました。
それは
自分が傷つきたくなくて
カッコつけて
照れくさくて
相手の目をきちんと見ることを
避けてました。

1回でちゃんと伝わらなくてもいい
せめて向き合えるように
努力していこう。

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by karina0918 | 2010-01-25 21:19 | 心の中
<< 本当にショックです… お気に入りの場所 >>