原動力

先日
ずーーっと憧れていた人と
お会いできて
お話しする機会がありました。

「あなたはどうして
モチベーションを保っていられるの?」と
聞かれました。

私は
その方に同じ質問をしたいくらい
いつもエネルギッシュで
子どものようにキラキラした好奇心を持って
日々飛びまわっておられるので
ビックリしてしまったのですが…

うーーーーん…と
考え込んでしまって
咄嗟に答えることができませんでした。

でも冷静になって
色々考えてみると
いくつかの答えが頭に浮かびました。

私はどうして
歌うことが
音楽が
こんなに好きなのか?

音楽は
子どもの頃から大好きでした。

まだ文字も読めない頃から
音楽が鳴ると
ひとりで歌ったり踊ったり…
両親も音楽が好きで
いつも家の中には
ラジオやレコードから
音楽が流れているような家でした。

でも
歌うことを仕事にしたいと思った時
両親から反対されます。
結婚した後も
前のダンナに止められます。

今となっては
反対されてめげるくらい
ハンパな気持ちだったのでしょうが。

ずっと「歌いたい」という気持ちを
封印したまま
全く歌わずに20年過ぎました。

そして今やっと
歌うことができて
そして
ステージに上がって歌わせていただける環境に
なりました。

今は
私が歌って喜んでくださるかたがいるというだけで
本当に
嬉しくてありがたくて
仕方ないのです。

そして
もっといい歌をお届けしたい。
もっとたくさんのかたに喜んでいただきたい。
そう思うから
自分を大切にできるようになりました。

日々心と体の健康に気を遣ったり
本業に対する考え方が変わったり
自分と子どもの人生を良い意味で分けて考えられたり
良いことも、たくさんあります。

こう書くとすごく良い子ちゃんですが
自分が何かをして
誰かに喜んでもらうことが
私の生きている意味と言いますか
私にとってのモチベーション。

若かった頃は
自分がただ認められて
有名になりたいという目的だけで
好きな曲だけを歌っていたから
長く続かなかったのだと思います。

これからもきっと
歌であれ何であれ
誰かに喜んでもらうために
心を体を動かすのだろうなぁと思います。

…てなことを考えた
勤労感謝の日でした。
[PR]
by karina0918 | 2013-11-24 22:04 | プロフィール
<< 年下の男の子 秋だから? >>