旅立つ君へ

4月1日から
ノンは就労の場に通うことになります

家からその場所まで
徒歩10分くらい
今までは学校の近くまで
私が一緒について行ってたのですが

これからはひとりで行ってもらわないと
私がお仕事に遅刻してしまいます。

そして仕事が終わったら
自分で家に帰って来て
1時間半くらい
ひとりで留守番をすることになります。

そこで

母の心配その①
信号が青になったら
横断歩道をちゃんと渡れるのか

→これはほぼクリアできそう

母の心配その②
途中の駐車場で車に触ってしまわないか
(↑本人のこだわり↑)

→これは心配…今日もさわってた。
傷をつけたりはしないだろうけれど
念のため保険(たとえばこことかここ)に入っておこう。

母の心配その③
留守番ですることがないから
とんでもない所まで道草してしまうのでは?

→これも慣れてきたら心配。
とりあえず途中のコンビニで
お買い物して帰るというルーティンにしておこう。

以上……

子どもの頃

おつかい (日本傑作絵本シリーズ)

さとう わきこ / 福音館書店

「おつかい」っていう絵本があって
大好きだったのですが
まさにこの女の子のような状態…

念のため
今まで入ろうかどうしようか悩んでいた
自治会に入るため
自治会長さんに連絡を取り
(地域の皆さんに知っていただかないとね)
今日
コンビニの店長さんにも挨拶してきました

ノンは
お金の計算はできないし
私が居ないところで
買い物をしたことがないし
もちろんおしゃべりもできないので

思い付く限り頑張って
店長さんにノンのことを説明し
もしもの時のために
連絡先もお伝えしてきました。

「わかりました(^^)
お財布にレシートとお釣りを
入れておいたらいいんですよね」
と言ってくださり
「お仕事、がんばってくださいね!」と
ノンに言ってくださいました。

就労の場の皆さんも
とても優しく迎えてくださり
(ノンがここが働く場だと分からないかも?ってくらい)

自治会長さんも
私が昼間仕事をしているので
夜に説明に来てくださるとのこと…

ううううう……
みんなどうしてこんなに優しいんだろう……

まるで絵本の「おつかい」のラストのように
心の中に
雨上がりの青空が広がるような
土曜日の朝でした(^^)
by karina0918 | 2014-03-29 13:16 | こども
<< 劣等感のかたまりだった頃 守らなきゃ!育てなきゃ!! >>