すがすがしい敗北感

久しぶりの投稿です

土曜日にやっと
宮野柚里さんの夏フェスが終了して…

6/1に初めてのアルバムを発売してから
CDショップの前でキャンペーンしたり
市の施設でのイベントに参加したり
ライブハウスには7月と8月
それぞれ別の所に出させていただいたり
息つく暇もなく
ダーーーーって過ぎた夏
でした。

今日から9月。

嘘みたいに涼しい朝の通勤路。
坂道を登って来る、懐かしい顔に会いました。

彼女は、私のかけがえのない友達。

彼女のお嬢さんとノンは
4歳くらいの頃
同じ早期療育施設に通っていました。
発達に支援の必要な子どもと親が
一緒に通園して色んな事を学ぶ場所です。

彼女は
その施設の保育士さんの姿を見て
自分も保育士になりたいと…
一人ではきっと続かないから
一緒に勉強しない?と誘ってくれて
私も保育士を目指すことにしました。

私は彼女ほど強い思いではなかった。
実はその頃、離婚を考えていて
自立したい思いと、ちょうど重なり
必要に迫られたこともあって
私の方が先に資格を取りました。
そして保育士として働き始め
今の子育て支援関係の事務職に転職しました。

彼女は勉強を始めてすぐ
2人目のお子さんを妊娠して
保育士のお勉強はしばらくお休み。
でも子育てが落ち着いたら
再度チャレンジし、見事合格。
そしてヘルパーの資格も取りました。

風の便りに、彼女が
私たちのお世話になった早期療育施設で
保育士をやっていると聞き
本当に本当に嬉しかった。

私の職場とその施設
実は隣接していて
今日、お互いの通勤途中に会えた
というわけです。

2人とも急いでいたので
短いやり取りだったけれど

彼女は着実に
自分の夢をつかんだんだな~と
胸がいっぱいになりました。

やっぱり障害児の母の底力はすごい。
私なんかまだまだだな~

すがすがしい敗北感に包まれて
また今日もがんばろう!と思えた朝でした。
by karina0918 | 2014-09-01 21:48 | プロフィール
<< 命の恩人 強くなりたい >>